d11958-80-231340-0

 今から60年ほど前の1947年にスウェーデン中部の都市ヴェステロースで創立。
 
 これだけの歴史ある世界的なファストファッションブランド、ご存じでしょうか。
 
 こちらをご覧の方にもオナジミのブランド、H&M
 
 ちなみに、現在の名前になったのは1968年にストックホルムの「Mauritz Widforss」というお店を買収した際に店名も「Hennes & Mauritz」となり、その後「H&M」の略称を正式なブランド名で現在に至るそうです。
 
 そんなH&Mから秋のトレンドコーデをご紹介いたします!

H&Mが提案する、秋の新作アイテムと
スタイリストが提案するトレンドコーデ

 暑い夏も落ち着き、ファッションの秋がやって来ました。秋色を組み合せたり、重ね着で楽しんだり、コーディネートの幅も広がります。今回、雑誌などで活躍するスタイリストの松居瑠里さんに「H&M」の秋冬のアイテムを使って「明日から実践できる」今年流トレンドコーデを組んでもらいました。テイストの異なる4名がテーマ別のコーディネートをFASHIONSNAPにて着用しました。

高田秋 x フェミニン

d11958-80-231340-0
 
 弾けた笑顔が印象的なモデルの高田秋さんには、秋色の定番になりつつあるマスタードカラーのシャツをセレクト。松居さん曰く「なかなか取り入れるのが難しい」というマスタードカラーも、デニムだと相性も良く、しっくり来るとのこと。ボトムにヴィンテージの雰囲気漂う今年人気のダメージ加工のミニスカートをチョイスすることで、かっちりし過ぎず「アクティブ」な要素がプラスされたスタイルに仕上がりました。
 
d11958-80-306103-1
コート¥9,999、シャツ¥2,999、デニムスカート¥3,499、パールネックレス¥1,499

高田秋 x スポーティ

d11958-80-469701-2
 
 アスレジャーをはじめとするスポーツMIXの流れはまだまだ継続中。サイドラインが入った張りのあるポリエステル素材のトラックパンツには、タートルネックを中に着たシャツスタイルを提案。カジュアルなアイテムでも素材を選ぶことでスポーティかつスマートなルックに仕上がります。
 
d11958-80-402969-3
ハイネックインナー¥1,499、シャツ¥2,999、パンツ¥3,999、メガネ¥1,199

小林ゆり x エレガント

d11958-80-530841-4
 
 2児の母でもあるモデルの小林ゆりさんには、普段からよく着るというニットをセレクト。秋に映える深めのブラウンのニットと清楚な印象のブルーのストライプシャツのシックなレイヤードスタイルに、ハイウエストで緩めのシルエットが特徴の“ママデニム”を合わせ、カジュアルさをプラスしました。去年から継続して人気のドロップショルダージャケットを羽織れば、上品にまとまったスタイルの完成です。
 
d11958-80-944357-5
シャツ¥1,999、ニットトップス¥2,999、コート¥7,499、デニム¥5,999、ピアス¥599

小林ゆり x シック

d11958-80-194683-6
 
 もう一コーデには薄手のサステイナブルコットン素材のニットにプリントスカートをチョイス。オリエンタル調の大き目のフローラル柄は今年の人気柄で、秋色との相性もぴったりです。ニットをざっくり着ることで大人っぽさが際立ちます。
 
d11958-80-845340-7
ニットトップス¥2,999、スカート¥5,999、ピアス¥999

中田クルミ x アーバン

d11958-80-385533-8
 
 モデルやDJとして活躍しているクールで都会的なイメージの中田クルミさんには、1枚でもサラッと着られる大柄のロング丈プリントワンピースにビッグシルエットのサステイナブルコットン素材のニットをセレクト。一枚で着るとややインパクトが強めのワンピースも、薄手のニットをレイヤードするでより取り入れやすくなります。松居さん曰く「このままだと”ほっこり”し過ぎてしまう」とのことでレザーのハットや大きめのフープイヤリング、重めのブーツなどの小物でスパイスを効かせました。
 
d11958-80-334853-9
ワンピース¥1,999、ニットトップス¥2,999、キャップ¥1,199、ピアス¥599

中田クルミ x エッジ

d11958-80-417852-10
 
 去年まではトップスをボトムに「IN」するスタイルが主流でしたが、今年は「OUT」がトレンド。ジャケットの中には丈の長いビッグシルエットのパーカーをレイヤードしました。カットソー、ジャケット、ボトムにバーガンディ色のアイテムを3つセレクト。同色アイテムの組み合せは少し躊躇してしまいがちですが、ニュアンスの異なるバーガンディでも、パーカーのグレーを間に挟むことで違和感なく調和し、今年注目のワントーンコーデの出来上がりです。
 
d11958-80-989934-11
ブルゾン¥5,999、パーカ¥2,999、トップス¥5,999、パンツ¥1,499

Mico x ガーリー

d11958-80-690658-12
 
 人気の古着屋「サントニブンノイチ」でオーナーを務めるMicoさん。Micoさんの雰囲気からボルドーやカーキなどの秋色ではなく、今年の秋の流行色でもあるピンクをメインにセレクトしました。ボトムの鮮やかな“クレヨンピンク”のプリーツスカートがひときわ目を引きます。中に着たロマンチックな雰囲気 漂うフリルが特徴のシャツを首元と袖から覗かせ、松居さんいわく“今年っぽい”という「ちょっとしたレイアード」を取り入れたガーリーなコーデが完成。カフスはボリュームのある末広がりのデザインで、これも今年のトレンドです。
 
d11958-80-902370-13
ニットトップス¥1,499、スカート¥7,499、シャツ¥1,499、ネックレス¥1,199

Mico x スウィート

d11958-80-902387-14
 
 爽やかなブルーのストライプシャツには、「GIRLY」と同様、プリーツのスカートを合わせました。シャツはトレンドアイテムの袖にボリュームがあるバルーンスリーブで、袖丈の長さも今年流行りのブカブカなオーバーサイズ。広がりのあるプリーツのスカートと組み合わせて、落ち着いた甘めコーデに仕上げました。
 
d11958-80-655968-15
シャツ¥4,999、スカート¥3,999
 
画像提供:FASHIONSNAP
 

スタイリングやアイテムの詳細はこちらからどうぞ!
http://www.fashionsnap.com/special/hm-autumn-2016/

 
「H&M」 ホームページ: http://www.hm.com/jp/
「H&M」 LINE アカウント: @hmjapan
「H&M」 Facebook ページ: http://www.facebook.com/japanhm
「H&M」 Twitter アカウント: @hmjapan

 
 
ぜひ、H&Mが提案する秋のトレンドコーデ、あなたも取り入れてみてはいかがでしょうか!

 
 
 
最後までご覧いただきありがとうございました。
 

この記事をみんなにシェア