f52b5c7d1650e296759230e2b7c6a00e_s

 今から自分がシニア世代になった時のことを考えている方、どれぐらいいらっしゃるでしょうか。
 
 一億総活躍時代ともいわれ、女性は結婚して退社・・・ということも少なくなりました。
 
 また、女性の管理職も増えており、長~く活躍出来る環境が出来つつあります。
 
 そんな時代だからこそ、シニア世代まではたらいていく自分、を若いうちから考えておく必要があります。
 
 人材ソリューションサービスを提供するジーニアスがシニア世代の就職に関してこのようなデータを発表しました。

 

定年後もフルタイムで働きたいシニアは3割にとどまる
-シニア世代の就職活動に関する意識調査-

d18728-3-306040-0
 
 ジーニアスの運営するアクティブシニアのための転職情報サイト「シニア活用.com」の登録者を対象にアンケート調査を実施。現在、転職活動を行っているシニア世代(55歳以上)より回答を得ました。

■65歳の壁。60代前半と60代後半とでは、就業率が大きく変化。

326b700e82e648184141e299211ca60e_s
 
 近年、高齢者人口の増加によりシニア世代の就業者の数は増加。2015年の65歳以上の高齢者就業率は21.7%で60歳~64歳の男性に限ると75.5%ものシニア世代が現役で仕事を行っています。
 
 しかし65歳を過ぎるとその数は5割以下に減少。公的年金の受給が実質65歳に引き上げられ、60代前半は望む、望まないにかかわらず高齢者の就業率を引き上げる要因となっていることは確かなようです。

■定年後フルタイムで働きたいシニアは3割にとどまる

0e223e53818e27940040d6cefdb58cdc_s
 
 「定年後に働きたい時間は?」という質問に対して、週5日8時間の、現役時代と同様の勤務スタイルを希望するシニアは3割に。
 
 多くの定年後のシニア世代は、定年後はペースを落として、週5日の勤務であれば6時間以内の短時間勤務または、週に2、3回の勤務を望んでいることが分かりました。
 
このことは、「定年後にお仕事をする目的は何ですか?」の質問結果にも表れています。

・自分の経験や能力を活かしたいから(62%)
・社会とのつながりを維持したいから(58%)

という回答が、「現在の生活のため(46%)」を大きく上回り、収入よりもやりがいを求めているシニア層が多いことが分かります。

■シニア世代の就職活動は?

d18728-3-730793-1
 
 現在行っている就職活動についての問いには、「インターネットで情報収集(78%)」、「求人情報サイトに登録(54%)」と、シニア世代においても積極的にインターネットを活用した就職活動を行っています。
 
 また、「人材紹介会社に登録(44%)」と、民間の紹介会社を利用する割合が高く、「ハローワークを利用(20%)」を大きく上回った結果に。
 
 一方、回答者からは、ハローワーク、人材紹介会社などの案内が少ない。特に年齢制限が多い。 シニア活用は多くの場面で見るが、現実は制限が多くあり困難な状況である。(65歳)
 
 何度も仕事のエントリーをインターネット及び派遣登録経由で行っているが、 64歳では対象外になっているようで、暗黙のうちに仕事を得る機会が消滅している。(64歳)
 
 と、積極的な求職活動を行っても年齢が原因で採用どころか選考にもたどり着けないという意見が多く寄せられ、自信の能力はあるのに年齢で差別されていると感じるシニア層は多いよう。
 
 独立行政法人高齢・障害・求職者支援機構の調査によると、企業の定年年齢においては、今後「廃止する」が0.6%、「引き上げを検討」が43%の割合だが、約5割の企業は現状維持と回答している。定年の延長議論だけではなく、定年後もシニアが働きやすい仕組みを作ることも重要である、とまとめています。

 

■シニア世代の能力をもっと高く評価してほしい。

9dd519585831057afb8a2b4c3b7221f4_s
 
 今回のアンケート調査は、アクティブシニアのための転職情報サイト「シニア活用.com」の登録者を対象に行った調査である為、「働く」ことについて意識の高いシニア層の意見となっており多少の偏りがあるかもしれませんが、収入の為、やりがいを得たいため、定年後に働きたい理由は様々だが、年齢が制限になって活躍の場を奪われていると嘆くシニアが多いと、締めくくっています。

(参考)データで見るシニア活用<インフォグラフィックス>

https://www.seniorkatsuyou.com/guide/data/

 
 
 
いかがでしょうか。
 

いくつになってもフルタイムではたらきたい

3割に入るのか

ある程度ゆとりを持ってパートタイムではたらきたい

7割に入るのか、あなただったら一体どちらを目指しますか?

 
 
 
最後までご覧いただきありがとうございました。
 

この記事をみんなにシェア