img_107008_1

 今週の土曜日。30日は何の日でしょうか。
 
 正解は『土用の丑の日』です。
 
 よくテレビでも耳にすると思いますが、
 

 具体的に土用の丑の日はいつなのか

 
 となると、よく分からない方も多いことと思います。
 
 土用の丑の日といえばウナギ。
 
 そもそも私たち日本人とウナギとの歴史は大変古く、この土用の丑の日に関しても暑くて体力の落ちがちな夏を乗り切るためにウナギを食べるといい、と初めて書かれたのがあの万葉集759年にまとめられた初の和歌集なんと今から1000年近くも前からウナギの栄養価は知られていたんですね。
 
 そして、土用の丑の日というものが本格的に知られたのが、これはご存じの方も多いでしょう。平賀源内さんが広めたといいます。
 
 なぜウナギを夏に食べると良いのでしょうか。
 

・女性にぜひオススメのウナギの栄養!

08e0abe15683d389fce11da12aa0040b_s
 
まず特筆すべきはビタミンAが非常に豊富な点
 
 ビタミンAは体の免疫力を高めるといい、夏場の体力が落ちた時、なかなか治りにくい夏風邪の予防などに効果的だといいます。
 
 また、ビタミンB1も含まれておりこれは炭水化物の分解を高め、疲労回復効果が高いといわれています。
 
 つまり!だからこそ暑さで食欲が落ちがち、体力が落ちがちな夏場にもってこいな食べ物なのですね。
 
 そんな日本人にとってもオナジミな食べ物であるウナギ。そんなウナギこんなイベントが表参道にて開催されます。

 

・土用の丑の日にウナ重を食べながら映画を見よう!

img_107008_1
 
 株式会社ネツゲンは、「土用丑の日」に合わせて、ウナ重を食べながら映画を見ることができる、第1回『ウナギ映画祭』表参道のCOMMUNE246にて、2016年7月29日(金)、7月30日(土)、7月31日(日)の3日間開催。当日は映画のほかにも、蒲焼サンプルや特産みやげ、うなぎDJなどウナギ満載の夏祭り

 

■イベント開催背景

 日本の夏の風物詩である「土用の丑の日」。時代が変わっても、ウナギは日本人の心の原風景を彩るソウフードです。しかしそんなウナギも今や絶滅が懸念され、価格も高騰傾向にあります。“もっとうなぎのことを知ってほしい、そして日本人とうなぎの関係をもう一度見つめ直してほしい”との想いから、山田水産株式会社(主催)が、「他では味わうことのできない最上級のウナギを多くの人に食べてもらいたい!」といった生産者の想いを伝えるイベント。

 

■第1回『ウナギ映画祭』
~ ウナ重を食べながら、映画をみる! ~

dac6300780ae7490e611d76b78ede2bc_s
 
 会場は、東京 表参道にあるCOMMUNE246。老若男女、多様な人種が集うオープンエアなフードコート。また、無投薬養殖で知られる鹿児島の山田水産株式会社が、ウナギ蒲焼を提供します。養殖では不可能と言われた完全無投薬養殖を可能にして、肉厚の極上ウナギを日本中に届けようとしています。
 
 「東京の若い人たちにウナギをもっと身近に感じてもらいたい」そんな山田水産の想いが「映画祭」という形で表参道を賑わせます。美味しいウナ重を食しつつ、映画を楽しみ、お酒を嗜み、人と食の未来に思いをはせる。そんなちょっと変わった新しい土用の丑の日の過ごし方を提供する。『ウナギ映画祭』はそんなイベントです。

 

■イベント概要

イベント名 : 第1回ウナギ映画祭
イベント内容: ウナギの安価での提供及び物販と映画上映
会場名   : COMMUNE246
会場場所  : 東京都港区南青山3-13 COMMUNE246内
開催日   : 7月29日(金)、7月30日(土)、7月31日(日)
来場予想人数: 3,000人(3日間)
参加料(会費): 入場無料
URL     : http://www.facebook.com/unagifilm/

 

■イベントスケジュール

<開催時間>
全日程11:00~22:00
ドリンク購入者にウナギの蒲焼及び白焼きを終日提供。

 

<映画スケジュール>

金曜日 19:00 戦場のメリークリスマス
土曜日 12:00 僕らのカヌーができるまで
    14:30 うみやまあひだ
    17:00 エンド・オブ・ザ・ワールド
    19:30 スタンド・バイ・ミー
日曜日 14:00 僕らのカヌーができるまで
    16:30 うみやまあひだ
    19:00 ジュラシック・ワールド

 
 
 ぜひ、一足早い夏バテ防止に、夏風邪予防に、このイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

 
 
 
最後までご覧いただきありがとうございました。
 

  グルメ 2016.07.25
この記事をみんなにシェア