9581d7093df60457fa38d956327db626_s

 さて、肉食系女子という言葉がすっかり定着している今日このごろ。
 
 梅雨とはいいながら、すっかり真夏のような暑さですが、薄着になると気になるのが自分の「お肉」
 
 真の肉食系女子は、自分の体のお肉も気にする!ということで、今回ご紹介したい話題の本がコチラ・・・

 

今や“痩せたければ肉を食べる”が新常識?!

d9728-168-291979-0
 
 ダイエット界の新たなるムーブメント「肉食ダイエット」“太りそうなイメージのある肉を食べて、無理なく綺麗に痩せられる”というメソッドを、自身もダイエットに苦しんだ経験があるダイエットインストラクターの長谷川香枝さんが実体験を交えつつ伝授した1冊『最強「肉食」ダイエット』(肉ダイエットインストラクター・長谷川 香枝 著/こくらクリニック院長・渡辺信幸 監修)が6月8日(水)世界文化社より発売されました。
 
d9728-168-791273-2
 

肉ダイエットインストラクター長谷川香枝が教える
肉食ダイエットの極意

 

肉=太るは誤解だった!
お肉を食べてなぜ痩せられる?

9581d7093df60457fa38d956327db626_s
 
 これまで「肉を食べると太る」というイメージを持たれがちでしたが。それは大きな誤解だと本では紹介されています。お肉には、体に必要な栄養を補給しながら痩せ体質になれるすごいパワーがいっぱい。基礎代謝を上げ、脂肪燃焼成分も含まれているので、食べるだけで脂肪燃焼を促してくれるといいます。

 

肉の常識がくつがえる!
牛、豚、鶏、どんな肉を食べる?

d9728-168-754427-3
 
 基本的には、どんな肉でもOKだとか。一番痩せやすいのは羊だといいますが、手軽に食べるなら、牛、豚、鶏の順に痩せやすくなるそうです。おすすめなのは、脂肪燃焼効果を促す赤身肉。脂肪になりにくく筋肉になりやすい、やせたい人の強い味方。

 

カロリーは関係なかった!
痩せるカギは「糖質」

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
 
 また、多くの方がいまだにカロリーを気にしていますが、ダイエットにカロリーは関係ありません、といいます。太る原因は、ズバリ「糖質」と断言。たとえばご飯1膳(150g)の糖質を角砂糖に換算すると、なんと14個分にもあたり、その一方、お肉は糖質がほぼゼロなので、実は太りにくい食材と言えます。
 

激しい運動はしない!
凹ませるだけでお腹は痩せる

d9728-168-908229-4
 
 運動ではお腹が凹みませんし、くびれもできません、とバッサリ。お腹痩せには、腹筋運動を何十回もするよりも、お腹の周りの筋肉に意識して力を入れることが大切。さすって、つまんで、回して、凹ませる体操なら、誰でも無理なく簡単にお腹周りの筋肉を活性化することができると紹介しています。

 
 
d9728-168-891380-1
著者・長谷川さんご自身も15Kgのダイエットに成功したとか。
 

【著者/長谷川香枝(はせがわ かえ)】

 
肉ダイエットインストラクター、健康予防管理専門士。自身が15Kg減量した経験から、「食べないダイエットは100%リバウンドする」ことを悟り、肉食によるダイエットプログラムを考案。食生活や体操の指導にあたる。著書には『デキる男の超・肉食習慣』(アチーブメント出版)がある。
 
●公式HP http://29diet.com/
● ブログ http://ameblo.jp/29diet-kae/  http://ameblo.jp/kae64-love
 
【監修/渡辺信幸(わたなべ のぶゆき)】
医師・こくらクリニック院長。離島医療に従事した経験から、生活習慣病を改善・予防する食生活に注目。肉・卵・チーズを中心にしたMEC食を考案。以来、4,000人以上の患者の生活習慣治療に実績をあげている。近著に『肉・卵・チーズ MEC食でボケない 老けない 疲れない!』がある。
 

【書籍概要】
“私史上一番”な愛されボディになれる
『最強「肉食」ダイエット』
著者/長谷川 香枝 監修/渡辺 信幸
定価/1,296円(税込)
発行/世界文化社

http://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/16324.html
 
 

ついつい炭水化物ばかり食べていませんか?!

ce1611f777ceeaf4fd6a9552f7ff65e1_s
 

肉をおいしく食べて、その分、炭水化物(糖質)を控えよう

 
・・・というのが、ご紹介した肉食ダイエットの極意。
 
 もちろん、本に書いてある通り、糖質はとっても体のエネルギーになりやすい分、使われなかったものは、すぐに溜め込まれてしまいます。
 
 なんとな~く脂が濃厚なお肉を食べたら、すぐに体の脂肪になりそうなイメージですけど、糖質の方が実は危なかったりします。
 
 ラーメンにライス、チャーハンに餃子、パスタにパン、うどんといなり寿司・・・などなど、皆さんお好きな組み合わせではありませんか?
 
 炭水化物は、人間にとっては車のガソリンのようなものですから、無くてはならないものですが、その分すぐに脂肪として体に備蓄をされてしまいます。

これは一説によれば、かつて原始人として私たちの祖先が地球を生きていたころ。
 
当然ながら冷蔵庫もなく、お店もありません。
 
 食べることは生きていくことですから、狩りをしたり、何か木の実でも見つけて食事にありつけたとしても、次にいつそのチャンスが訪れるか分かりません。食べ物が見つからない = 死 ですから大変です。
 
 その時にヒトの体は考えました。次のチャンスのために、余分なエネルギーは体に溜めて、取っておこう・・・と。
 
 このことが遺伝子レベルで組み込まれているため、今も体のエネルギー源となる炭水化物(糖質)は、使われなかった分をすぐに溜め込む方向に持っていくともいわれています。

 

成功してもマズイ?!ダイエット臭とは

4a41e1d68d64c94190e2575c0c0b3013_s
 
 水着や薄着のシーズンにダイエットに成功!でもその影に、なんだか体臭や口臭が気になりだしたら・・・
 
 この体臭や口臭は”ケトン臭”という臭いが原因です!特に体から甘酸っぱいような臭いが漂うといいます。
 
 一般的には「ダイエット臭」などとも呼ばれていて、主にダイエット中に発する臭いです。この臭いが体から発する時、そのダイエットはだいぶムリしているといえるでしょう。炭水化物を極端にカットすることでこの臭いが発散してしまいます。
 
 お肉を食べて、その満足感で糖質を控えれば、必然的に体は痩せやすくなることでしょう。実際にタンパク質が豊富な鶏肉や、カロリー控えめで、L-カルニチンという脂肪を燃焼させるはたらきがある栄養素を含む羊のお肉など、食べれば、ご飯や麺類、お菓子などを食べるよりもダイエット的には良いでしょう。
 
しかし、私たち日本人は数千年もの長~い間お米を主食として暮らしてきました。
 

何ごともムリや、やり過ぎは禁物です!

 
 ご飯や麺類が大好きなのに、計量前のボクサーのようにストイックに食べなかったりするのは、体に良くないばかりかストレスにもなることでしょう。また、肉食ダイエットも、「お肉はあんまり好きじゃない・・・」という方が、ムリにやっても同じことです。
 
 やはりバランスが一番バランスよく、そして食べ過ぎず、を心がけたいものですね!(・・・と、これは自戒の意味もありますが。汗)

 
 
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。
 

この記事をみんなにシェア