011

最近、酵素がブームです。特に女子に大人気で、ドラッグストアや通販サイトなど目にしない時はないと言っても過言ではないでしょう。ダイエットや代謝をアップ、腸内環境を良くするとか、お通じを良くするとか、メーカーによってもアピールポイントは様々です。好きな方は、色々な酵素ドリンクなどを試して、自分に合ったものを選んでいるとか。

・そもそも酵素ってなんだろう

酵素とは、私たちにとってものすご~く身近な存在納豆やお漬物、ヨーグルトやチーズ、毎日に欠かせない調味料であるお醤油やお味噌、そしてお酒・・・などなど、これらは酵素による発酵という行程を経て、食卓に並びます。

しかもそれだけではありません。なぜ、ものすご~く身近な存在かと言いますと、皆さん体の中にも酵素を持っているからです。いや、酵素が無ければ生きていけない、と言ってもいいでしょう。

たとえば、白いご飯を食べて噛んでいると、だんだんと甘くなっていきますね。これはご飯のデンプンが、唾液に入っている「酵素」によって、糖分に分解されているからなのです。噛んで細かくするのと同時に、分解してより栄養を吸収しやすくしているのですね。また、胃や腸でも同じようなことが行われています。

だから、酵素は絶対に必要なものなのです。

人気の酵素商品・・・厳密に言えば、野菜やフルーツなどを熟成発酵させたエキスを使ったもの、なのですが、その多くはドリンクタイプで、そのまま、または水とかで薄めて飲むのが一般的でしょう。しかし、製法や中に入っている素材は、実はメーカーによってまちまちなのです。

kouso
※画像は、あくまでも一例です。記事の内容とは関係ありません

・人気の酵素でも過信はキケン!

特にダイエットを期待して飲む女性は多いと思います。実際にネット通販では、モデルさんなどを使って、「これだけやせた!」というようなPRを行っているのも見られます。

しかし、そのまま信じてしまうのはキケン!これは酵素(植物発酵エキス)を作る時の製法によるのですが、おそらく出回っている商品のほぼ9割、と言ってもよいぐらい、糖分が多いのです。

黒糖を使用するメーカーが多いのですが、その糖分の「浸透圧」(しんとうあつ)を使って、野菜とかフルーツのエキスを引き出すわけです。だから、ほとんどの商品は糖分が多く、そして当然ながら甘い。そして甘いからカロリーも高い・・・という誠に当然なお話。

・あくまでも食事のサポートとして良い存在

images

スムージーでも書きましたが、普通に食事やおやつを食べていて、「酵素を飲んでいればやせる!」ということは、まずないでしょう。あくまでも、食事の置き換え、プチ断食などで一日のカロリーを抑えよう!という程度に考えるのが良いでしょう。もちろん、一食ドリンクだけにしたので、あとの2食をドカ食いしてしまったら意味がなくなってしまいますが・・・(汗)

野菜やフルーツの栄養は豊富なので、「最近忙しくて野菜やフルーツ食べてないわ・・・」とか、「甘い炭酸飲料を飲むぐらいなら・・・」という軽~い感覚で摂るのが良い・・・と個人的には思います。

この記事をみんなにシェア