zz676167

 『世の為、人の為になり、ひいては自分の為になるということをやったら、必ず成就します』
 
 Panasonicという企業を作り上げ、“経営の神様”と呼ばれた松下幸之助さんのことば。
 
 その松下幸之助さんはPanasonic(松下電器)を創業し、世界のNationalブランドを1代で築き上げただけでなく、「松下塾」を作り後進を育てるためにも尽力しました。
 
今回、東京Komachiでご紹介したい人。
 
 佐野拓也さん。まだ25歳の青年ですが、19歳にして起業したれっきとした社長さん。
 
 見た目はとてもさわやかな今風のイケメンですが、新しいことを常に考え、そして、それと同時に同じビジョンを描ける人間を育てていこうと考えている人。
 
 そんな佐野さんに今回お話を聞いてみました。
 
 

・自分でも何をやっているのか分からない(笑)

 
zz676149
 
 
―――まずは、佐野さんのこれまでのキャリアを教えてください。
 
 『はい。僕は現在25歳なのですが、高校在学中にインターネットビジネスを開始しました。そして卒業後に今の会社である株式会社IFCを立ち上げたんですね』
 
―――19で、ですか。それは早いですね。
 
 『そうですね。よくいわれます。(笑)高校卒業して起業したので学歴は高卒です。でも、社会に出てしまえば全然関係ないな、と思います』
 
 
 確かにその通り。冒頭の言葉を残した松下幸之助さんは小学校しか出ておらず、当然、良い学校、大学を出た人と違って分からないことも多かったと思いますが、それを自覚した上で『分からないことは、分かる人に任せたらええ』と、極めて合理的な考え方の持ち主。それは、きっと佐野さんも―――。
 
 
 現在の仕事内容を教えてください、と聞くと、彼は「そうですねえ・・・」と少し考えこんでしまいました。そして・・・
 
 
 『周囲から「佐野さんって何をしてる人なの?」とよく聞かれるんですが、それは自分でもよくわかっていません(笑)』
 
 
そう、さわやかな笑顔で応える佐野さん「でも―――」続けていいます。
 
 
 『現在、メインに行っているのは2つあります。1つ目は、高校時代から行っているWEBマーケティングに関する事業です。お客様のWEBサイトの制作~集客までをトータルにサポートしています。また、売上を伸ばすためにアフィリエイトサイトの運営も行っています』
 
―――なるほど。
 
 『そして、2つ目は現在最も力を入れている動画関連の事業です。”Youtuber(ユーチューバー)”と言うとわかりやすいかもしれませんね』
 
 
zz676163
 
 
 Youtuber―――。一般的には、世界最大の動画共有サイトである『YouTube』で独自に制作した動画を継続して公開している人であり、そのYouTubeの動画再生によって得られる広告収入をメインにしている人・・・のことを指します。
 
 TVCMでも登場するHIKAKINさんや、はじめしゃちょーさんなど、日本でも有名なYoutuberが活躍しています。
 
 
 『その動画を用いたWEBマーケティングというのは今後欠かせない物になると考え2014年から開始しました。まずは動画共有プラットフォームとして世界最大のYoutubeを勉強しようということで自社でYoutubeチャンネルを開設しました。私自身も出演している「まいめんちゃんねる」というコメディ系Youtubeチャンネルは約10万人のチャンネル登録者がいます』
 
 『他にも、私自身出演はせずにプロデュース側で携わっているYoutubeチャンネルが複数あります。様々なジャンルで立ち上げているので、いま最もやりがいがあり楽しい仕事ですね』
 
 

・根っからのプロデューサー気質?!

 
zz676097
 
 
―――今、とても充実している仕事の醍醐味、やりがいとは何でしょう。
 
 『色んな業種の人とお仕事させていただけることです。元々の性格が非常に飽き性なので一つの事を長く続けることが出来ません。また、優れたコンテンツや才能を持った人を、これまで培ってきたWEBマーケティングの知識やスキルを駆使して、いかに有名にしていくか考えて実践するのが最高に楽しいです』
 
 
 自身もとてもさわやかなルックスなのに、敢えて裏方にまわって、お客様や優れた才能を持つ人間をいかに売れさせるか、有名にさせるか、そのことにやりがいを感じる佐野さんは、もしかしたら根っからのプロデューサー気質なのかもしれない。そう思ってしまいました。
 
 また、自分自身のことを『非常に飽き性』と分析する点。常に新しいことを求めて、見つける才能に直結しているのかも知れません。
 
 
―――では、仕事以外の話も。休日は何をして過ごしているのでしょう。
 
 『自分で仕事をしていて仕事自体が楽しいので、休日という概念があまりないのですが旅行が好きなので東京にいなくても問題なさそうな日を見計らって(笑)国内・海外と色んな場所に行きます。先月はオーストラリアのメルボルンに1週間ほど行きました』
 
 
―――それでは、最後になりますが佐野さんの今後の目標を教えてください。
 
 『2016年内の目標は私が関わっているYoutubeチャンネルの総チャンネル登録者数100万人を突破させることです。その為には現状取り組んでいる複数のYoutubeチャンネルを更に成長させる事と、私と同じようにYoutubeチャンネルをプロデュース出来る人を育てることで100万人を突破したいと考えています』
 
―――なるほど。かなり具体的な目標になりますね。
 
 『そうですね。自分自身やりたいアイデアや案件は沢山あるのですが、全て自分で処理しきれないので今年は私がこれまで学んできた事を人に教えて一緒に実現させていく仲間を見つけたいと考えています』
 
 
 おそらく佐野さんは「自分が2人いればいいのに」という、かつての後世に天才・鬼才と呼ばれた人たちと同じ悩みを抱えているのかも知れない。お話を聞いていてそう感じました。
 
 彼のさわやかな笑顔を見ながら思ったこと。自分のやりたいこと、やっていて楽しいことをやりつつ、現在進行形で仲間、後進を育てることを並行して行っていく佐野さんは、やはり根っからのプロデューサー気質なのかも知れないな・・・。そう思ってしまいました。
 
 
 
zz676168

株式会社IFC
代表取締役 佐野拓也さん

 
 

■ぜひ佐野さんも出演するチャンネルをチェックしてみてください。
「まいめんちゃんねる」

 

  広報 2016.02.13
この記事をみんなにシェア