a0002_009261_m

現代はまさにストレス社会。
 
 「ブラック企業」「ブラックバイト」などという言葉が生まれてしまうほど、劣悪な労働環境で働かされてメンタルにダメージを受けてしまう人は社会問題化しています。
 
 厚労省によると、直接そうしたことが原因でないにしても、精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しており、平成23年は320万人というまったく無視できない状況です。内訳としては、多いものから、うつ病、統合失調症、不安障害、認知症などとなっており、 近年においては、うつ病や認知症などの特に目立った増加がみられます。
 
 また、最近厚労省が発表した平成25年「労働安全衛生調査」(実態調査)によると、「メンタルヘルスケアに取り組んでいる事業所」の割合は60.7%と、平成24年より13.5%上昇していながらも、現状はまだまだ人が足りない状況。
 
そんな状況を少しでも改善すべく、このようなセミナーが開催されます。
 
 

・誰かがあなたの救いを待っている!

 
43759_EqRbMndefY
 
 
 第2回 グローバルメンタルヘルスセミナー@東京大学特定非営利活動法人 IBREA JAPAN! ~ストレスケアから自己価値創造まで キーワードは脳! ~ と題して「グローバルメンタルヘルスセミナー」が開催されます。
 
●開催日時
2015年11月23日(月祝) 13:00~17:00 (開場 12:30)
 
●会場 :
東京大学 伊藤国際学術研究センターB2階 伊藤謝恩ホール
 
●参加費
一般 2,500円(全席自由)
※チケット購入は

http://ibreatokyo.peatix.com/

チケット販売 *東京
専用電話:03-5600-1412

 
 

■セミナー概要

 
a0002_002250_m
※画像はイメージ
 
 
 現在、世界的にメンタルヘルスの重要性に対する認識が高まっています。我が国においても、労働安全衛生法が改正され、今年12月から従業員50人以上の事業場にストレスチェックの実施が義務付けられました。メンタルヘルスケアは、企業のみならず官公庁や学校等、子どもから大人まで必要不可欠なものとして、その重要性が高まっています。
 
 昨年、東京大学および京都大学において「グローバルメンタルヘルスセミナー」を開催し、世界と日本におけるメンタルヘルスに関する最新の情報をお伝えしました。
 
 第2回目となる本セミナーでは、職場および学校におけるメンタルヘルスケアについて、より専門的な内容をお伝えしていきます。職場のメンタルヘルスについては、長年第一線で活躍されている日本の専門家を、学校のメンタルヘルスについては、新しい教育モデルを成功させている韓国の専門家をお招きして、メンタルヘルスに関する理解を深めるとともに、グローバルな交流の場を提供していきます。
 
◆第一部 グローバルメンタルヘルス招待講演
①職場のメンタルヘルス
~ 個人のストレスケアから組織のストレスマネジメントまで ~
 
②自己価値創造を通した青少年メンタルヘルスケア
~ ベンジャミン人間性英才学校成功モデル ~
 
◆第二部 ブレインエクササイズ体験/事例発表
メンタルヘルスケアのためのブレインエクササイズを実際に体験していただきます。また、学校、病院などで指導しているメンタルヘルスケアの事例発表を行います。
 
◆第三部 ポスターセッション
メンタルヘルスケアを実践している様子を掲示し、活動事例について発表および質疑応答を行います。興味に応じて自由に見て回ることができます。
 
●セミナー詳細↓

http://global-mentalhealth-seminar.com/

 
● IBREA JYAPAN Tokyo Facebookページ

https://www.facebook.com/IBREA-JAPAN-Tokyo-354428701325282/timeline/

 
● Facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/983214768397591/

 
 
 
 おそらくこれをご覧の方も、職場などでイヤな思いをされたり、時にはそのせいで仕事を辞めざるを得なくなったりされた方も、もしかしたら居るかも知れません。
 
 そんな人の痛みを知るあなただからこそ出来ることが、そして、そんなあなただからこそ待っている人が、きっとどこかに居るはずです。
 
もし、ご興味ありましたら一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事をみんなにシェア